グラヴュール羊歯文 アブサン注器

2018年7月21日土曜日

             「グラヴュール羊歯文 注器」( 売約済 )

フランス(1920年頃)のガラス注器。

頸上の広がっている部分に角砂糖を置き、アブサン(ニガヨモギが主のリキュール)を注ぎ、下に糖分の溶けた酒が落ちるという仕組みらしい・・・。
羊歯(シダ)の文様が綺麗でした。
度数の高い焼酎用の酒器を探していたお客さんの元へ旅立ちまシダ。