大 正 硝 子 コ ッ プ

2018年10月18日木曜日

               「 大正硝子コップ 」

(口径 5、5cm  高さ 7、5cm)

上下に1mmほどの、その間に0、5mmほどの計4本の線が入った大正時代のコップ。

緊張感の漂う うすはりガラス のような薄さのものは日常の中では使いませんが、程良いシンプルラインの硝子器が好みです。

「 鎌 田 奈 穂 展 」(at G a l l e r y S U )のお知らせ

2018年10月16日火曜日

麻布『 G a l l e r y S U 』の展示のお知らせです。
                       (p : Isao Hirachi)
鎌田奈穂 展 

「そっと ひっそりと 鈍く輝き 弱く強くあるもの」・・・・・・今展に際し、金工作家・鎌田奈穂さんが描いたイメージです。
写真の小さな一輪挿しのほか、壁に掛けるオブジェ、ガラスと銀を組み合わせたペーパーウェイトなど、ひっそりと、けれども確かな存在感で佇む作品を展示いたします。 ぜひご高覧下さいませ。            
                    (上記文 / 写真:DMより引用)

2018年 10月13日(土)〜28日(日)
      12時〜19時。 16日(火)・23日(火)は休み
在廊日:10月13日(土)・14日(日)・21日(日)・28日(日)

『 G a l l e r y S U 』  港区麻布台3−3ー23 和朗フラット4号館6号室
            tel 03ー6277ー6716
            http://www.gallery-su.jp
 

儚く繊細、優美で華麗。 静かな秋のひととき・・・心の内外に銀のレースを纏うのもいいかもしれません。

 ア ル ミ の エ ッ グ ス タ ン ド

2018年10月13日土曜日

             「 アルミのエッグスタンド 」

(口径 4〜4、5cm  高さ 5、3cm)

フランス(20世紀)のゆで卵立て。・・・と言ってもこれで卵を食べたことがある日本人はいるのでしょうか?

卵の上部の殻を少し割り、スプーンですくって半熟状態を食べるらしいです。(いまさら説明されても(笑))
これが売れ残ったら家で試してみます・・・。

 り ん ど う 絵 リ キ ュ ー ル グ ラ ス

2018年10月12日金曜日

           「 エナメル絵付け リキュールグラス 」

(口径 3、5cm  高さ 7、5cm)

1950年代頃・フランスの脚付きグラス。

竜胆(りんどう)の花葉、白とピンクでハートを逆さにしたようなリボンの絵付け。 口元には金彩。
このサイズですと深酒はできなさそうですが、ちびちびりと洒落た夜が愉しめます。

 鏡 よ ・・・ 鏡

2018年10月9日火曜日

                 「 真鍮枠の小鏡 」( 売約済 )

(6cm × 9cm)

フランスの手鏡。 周りに真鍮が被せてあり、下部の三角の切り込みも雑な感じで好み。

鏡に映る和紙貼りの壁 ・・・ 『 そらんじ 』 が陽の目を見るその日まで見守っていてほしいものです。 いや、旅立ってもらったほうがいいかな?

 「 O u r c o n n e c t I o n v o l.2 」 のお知らせ

2018年10月7日日曜日

またまた当店での展示ではありませんが、おすすめの展示会案内。

京都『 K i t 』さんにて、青山『 S u n d r I e s (サンドリーズ)』による催しがあります。
            「 O u r c o n n e c t I o n v o l.2 」

2018年 10月5日(金)〜14日(日) 
         (ただし 9(火)、10(水)、11(木)は休み)

               ( 終了しました )

場所: K i t (京都市上京区信富町299)  www.kit-s.info
営業時間: 12時〜18時

参加: S u n d r I e s           www.sundries-antiques.com
    H u n t e r s B a r(野田好美)  www.yoshiminoda.brogspot.com
    f a n g l e            www.fangle.jp
    町宿 枩邑             www.machiyado-matsumura.jp

協力: 杉田明彦(漆)、西別府久幸(p l a n t s)、志賀裕明(漆) 


「東京・青山の「サンドリーズ」が蒐めた、時も場所も異なる、
 美しいかけらたち。
 京都「K i t」にて、二年ぶりとなる束の間の移動博物舘を、仲間と共に
 開催します。ぜひご高覧ください。」
               (文 / 画像は DM (鎌田充浩 氏)より引用)
                   馬型帯鈎
                  ローマングラス
                 古代ガラス片
               レリーフ残欠 ガンダーラ



「 サンドリーズ 」主軸の古代のものから、可愛げのあるものまで、色々と揃えてあるようです。
初秋の京都へ行かれる予定の方は、どうぞご覧くださいませ。

 『 N 。C O N C E P T 』 RE OPEN のお知らせ

2018年10月6日土曜日

東日本橋の『 ノー コンセプト 』さんが港区高輪に移転されました。

新たな店舗の場所は、
「 〒108ー0074 港区高輪2ー15ー11 高輪ホワイトマンション304号室 」
最寄駅は「泉岳寺」(都営浅草線・京急線)A2出口から徒歩1分。

090−1102ー1126  a-pr@deluxe.ocn.ne.jp
( 予約制ですので事前にご連絡の上 )
11時〜19時。(日)定休。
            「 切子ガラス球形灰皿(昭和期)」