薄 瑠 璃 の ぞ き 猪 口

2019年1月19日土曜日

            「 古伊万里 薄瑠璃のぞき猪口 」

(口径 5、3cm  高さ 6、3cm)

江戸後期の薄瑠璃猪口。 朱と金彩で松と蕨絵が描かれています。
定番のものかと思っていましたが、近頃あまり見かけません。

凛とした気配が漂い、残る刷毛ムラも年の始まりの気持ちの昂まりと不安をあらわにしているようです。 (できれば不安は一掃したい)


透き通った初空月(はつぞらつき・一月の異名)の清らかさを内包している猪口です。