吉 田 崇 昭 素数文花器 と 展示お知らせ

2018年7月10日火曜日

                吉田崇昭  染付素数文花器

(口径 6cm  胴幅 10cm  高さ 12、5cm)

福岡で初期伊万里手や古手の染付けの器を焼く、吉田さん。

漢数字(素数)を散らした世にも珍しい、吉田さん独自の美感あふれる細身の中壺です。


評価の定まったものしか認めない骨董人(こっとうびと)さんに単純に背を向ける事はできませんが、少数をありがたがる事だけでは このような発想 は出来ないでしょうし、許容範囲を広く・・・そして今しか生きることができない ” 現 人(うつつびと)” に向けて器を紹介していきたい、と感じさせてくれる作り手です。



その吉田崇昭さんの個展が 鎌倉『 うつわ祥見 onari NEAR 』さんで行われています。  ( 終了しました )

「 吉田崇昭 展 」  7月7日(土)〜7月16日(月)。
            12時〜18時。  10日(火)は定休。

『 うつわ祥見 o n a r i N E A R 』(鎌倉市御成町5ー28)